幸せをよぶにゃんこたち

白黒ハチワレ『すもも』『あんず』ミケの『いちご』 アメリカンカールの『なつめ』 4にゃんがたくさんの幸せを運んできてくれます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢神宮

台風が静岡に上陸し猛威をふるっておりましたが皆さんの所は被害はなかったですか?
私の家、近辺は雨も風もそれほどじゃなかったかな?
NHKに釘付けで気持ちの準備が出来てたからそう感じたのかな?
今は台風一過の秋晴れです


今日は伊勢神宮に参拝したときのお話なのですが
私の記憶にとどめておきたいって趣旨もありまして長くなっております
なのでスルー・読み逃げお気になさらずササッと流してくださいね~スミマセン

前回の平成5年 第62回式年遷宮の年に、ぱぱと伊勢神宮を参拝して以来、参拝していなかった伊勢神宮
行きたくて行きたくて仕方がなかったんだけど、なかなか実行に移せずで(^^;)
今回himeちゃんのおかげで実現することが出来ました

伊勢神宮とは『神宮』というのが正式名称です
内宮・外宮 両大神宮の正宮(しょうぐう)には、別宮(べつぐう)、摂社(せっしゃ)、末社(まっしゃ)、所管社(しょかんしゃ)が所属しており全てで125の宮社を数え、これらの宮社をふくめた場合も神宮といいます
神宮参拝の順路は多くの場合まず外宮からというのがならわしです


宿泊した志摩スペイン村の近く志摩市磯部町に皇大神宮の別宮伊雑宮があるので一番にお参りに行きました
P1060056.jpg
御祭神は天照大神御魂(あまてらすおおみかみのみたま)

式年遷宮とは・・・
20年ごとに内宮(皇大神宮)・外宮(豊受大神宮)の二つの正宮の正殿
14の別宮の全ての社殿を造り替えて神座を遷す

昨年が遷宮の年だったので神様のお引越し前のお宮と新しいお宮が並んでいるのが見られました

伊勢道路を進み志摩市から伊勢市へ
内宮が進行方向手前なんですけど外宮からの参拝が一般的なので内宮を通りすぎて外宮へ連れてってくれました

豊受大神宮(とようけだいじんぐう) 外宮
御祭神 豊受大御神(とようけおおみかみ)
お米をはじめ衣食住の恵みをお与えくださる産業の守護神です
天照大御神のお食事をつかさどる御饌都神(みけつかみ)です

DSC_03351.jpg



神様のパワーを身体全身でいただく
1411790697210.jpg


多賀宮(たかのみや)
豊受大神の荒御魂(あらみたま)をおまつりする別宮
P1060064.jpg
外宮も内宮も正宮では自分のお願いごとをしてはいけません
日本の平和や世界平和などをお祈りするようにします
自分のお願い事は外宮では多賀宮でお願いするようにします


風宮(かぜのみや)
風の神をおまつりする別宮です
P1060063.jpg



伊勢神宮はパワースポットとしても有名ですが、いくつかのポイントがあります
別宮へ行く途中の小さな川に石の橋が架けられています
その石が亀石大きな一枚石でカメの形をしています
パワー注入!
1411790641189.jpg



三つの丸い石が組まれている場所があります それが三つ石
正式名称は「川原祓所」(かわらはらいしょ)
P1060072.jpg
式年遷宮が行われるとき神宮祭主が祓い清める場所
手をかざすと暖かく感じるそうです
なんとな~く暖かいような気も



外宮から北に徒歩で10分の所に月夜見宮があります
himeちゃんと徒歩で行ってみました
まっすぐな神路通で1本道
P1060077.jpg


月夜見宮
ご祭神 月夜見尊(つきよみのみこと) 月夜見尊荒御魂(つきよみのみことのあらみたま)
月夜見尊は、天照大御神の弟神で皇大神宮別宮の月讀宮におまつりされている月讀尊と、ご同神

P1060079.jpg


高河原神社(たかがわらじんじゃ)
外宮の摂社で外宮の別宮である月夜見宮の境内にあります
P1060084.jpg
月夜見宮にある御神木もパワースポットだそうです
注連縄がされてるので直接触ることはできませんでした

月夜見宮からは歩いて行かれる場所ではないのでhimeちゃんのAQUAに乗車して行くことに

倭姫宮(やまとひめのみや)
ご祭神 倭姫命(やまとひめのみこと)
倭姫命は、第11代垂仁天皇の皇女 神宮の祭祀と経営の基盤を確立されました
大正12年11月5日にご鎮座祭が執り行われ神宮は奈良時代以前に遡るものが多いのですが創立が極めて新しい宮

P1060087.jpg



月讀宮
P1060089.jpg
こちらは宮、ご祭神が並んでおりまして
月讀荒御魂宮(つきよみのあらみたまのみや) 月讀尊荒御魂(つきよみのみことのあらみたま) 
月讀宮(つきよみのみや) 月讀尊(つきよみのみこと)
伊佐奈岐宮(いざなぎのみや) 伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
伊佐奈弥宮(いざなみのみや) 伊弉冉尊(いざなみのみこと)

月讀尊は天照大御神の弟神
伊弉諾尊、伊弉冉尊2柱の神は大八洲国(おおやしまのくに)即ち日本の国土及び山川草木をお生みになられたのち天(あま)の下(した)の主(きみ)たる天照大御神をお生みになり、つづいて月讀尊をお生みになられた2柱の御親神



五十鈴川にかけられた宇治橋を渡り
P1060102.jpg
内宮へと向かいます
参拝する前に心身を清めるために五十鈴川御手洗場
最強のパワースポットで日ごろ私を守ってくれているパワーストンや水晶クラスターを浄化
1411812075921.jpg


内宮の正宮に参拝
P1060108.jpg
皇大神宮(こうたいじんぐう)を『内宮』と呼び
皇室のご祖神 天照大神(あまてらすおおみかみ)をお祭りする、わが国で最も尊いお宮です
皇大御神の御神体は八咫鏡(やたのかがみ)・八坂瓊勾玉(やさかにのまがたま)・草薙剣(くさなぎのつるぎ)を加えて三種の神器(しんき)と呼ばれます


内宮には風の神を祭る別宮風日祈宮(かざひのみのみや)
天照大神の荒御魂(あらみたま)を祭る別宮荒祭宮(あらまつりのみや)も、ご鎮座されています

外宮と内宮でお守りなどを購入
P1060117.jpg
外宮でも内宮でも同じお守りを購入できますが『勾玉』の形のお守りは外宮でしか購入できません

去年ぱぱと出雲大社へお参りしたときからご朱印を集め始めたのですが
ご朱印帳の1番前は伊勢神宮でいただこうと思っていたので空けてありました
なので私のご朱印帳は途中から始まってましたが今回で私のご朱印帳は1ページ目からとなりました
伊勢神宮でご朱印がいただけるのは外宮・内宮・月夜見宮・月讀宮・瀧原宮・伊雑宮・倭姫宮
瀧原宮は三重県度会郡に鎮座されており距離があるので行かれませんでしたがhimeちゃんが私のために他は全部回ってくれました
場所が離れている所が多いので車で移動しなくちゃならないのにhimeちゃん嫌な顔1つしないで付き合ってくれました
神社なんてまったく興味がないって断言してるのに
それに行きも帰りも長距離なのに全部運転してくれました
感謝しか言葉が見つからないけど大変だっただろうな~ってホントにありがたいです
去年の式年遷宮で新しいお社と20年経過したお社が並んでみることができたし
ぱぱと21年前に伊勢神宮にお参りしたときは式年遷宮の年だったし21年前に新しくなったお宮が役目を果たし
神様が新しいお宮にお引越しされる
なんか感慨深いものがあります
20年後の式年遷宮に伊勢神宮参拝できるといいな
しかし、それまで元気でいられるだろうか(^^;)

長々とお付き合いくださった方々、最後まで読んでくださってありがとうございました
私のお勉強のためのようなブログになってしまってるのでコメントは閉じさせていただきますね
コメントされる方も困っちゃうだろうし
てな訳で『伊勢神宮編』は終わり

あっ!でも『招き猫まつり』のお話があるんです(^^;)
次回その話をアップさせてもらって長い旅レポ終了となります
あと1回だけお付き合いくださ~ぃ
すみません





fu2iconポチっとお願いいたします
本日55位
いつも、ぽちっとありがとうございます





スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL:http://sumomama.blog47.fc2.com/tb.php/1823-0191678a


少しでも不幸な動物を減らす為に
迷子動物探し 飼い主募集
獣医師広報板-vets.ne.jp


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。