幸せをよぶにゃんこたち

白黒ハチワレ『すもも』『あんず』ミケの『いちご』 アメリカンカールの『なつめ』 4にゃんがたくさんの幸せを運んできてくれます

| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日です

今年もお世話になりました。
2003年も今日で終わろうとしています。
今年は私たち家族にとって、嬉しいこと悲しい事がいっぱいあった1年でした。

今年の3月に「もものえんがわ」を開設し、とにかく親ばかで、ももをみんなに見てもらいたくて
見よう見まねで、立ち上げたHPですが、どうにかここまで続ける事ができました。
みなさんに教えてもらって、そして遊びにきてくださるみなさんに支えられて、ここまでこれたと思っています。
お友達もたくさん出来ました。

11月28日に、ももの体調不良の為、病院へ行き29日に手術。
そしてガンの告知。
もうバカになっちゃったの?っていうくらい、いっぱい泣きました。
でも、お友達の力強いぱわ~がいっぱい寄せられて、どうにか立ち直る事ができました。
そして、そんな素敵なぱわ~をもらって、ももも元気に過ごしています。
きっとこの「えんがわ」がなかったら、こんなに強くなれなかったかもしれません。
みなさんの暖かい言葉に励まされた1年でした。

そして今日は大晦日。
ももは今日も、いっぱいご飯を食べて元気です。今はお日様をいっぱい浴びてお昼寝中。
こうして新しい年をぱぱとももと3人、無事迎えられる事に感謝です!
来年のお正月も、ももとぱぱと3人ゆっくり過ごしたいと思っています。
統計的には、1年の命と言われたけど、次の年もまた次の年も・・・ずっとずっとももと迎えたいと思っています。
来年、年明け早々に、ももの抗がん剤の治療が始まります。
来年は病気と戦う年になりそうですが、もももきっと頑張ってくれると思っています。
どうかみなさん、これからも見守っててくださいね。
それが私とももにとって、心強い見方となってくれます。

この1年。えんがわやもも、そして私と仲良くしてくださってありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします。
みなさんのご家族みんなが、健康で元気に過ごせますように・・・・
そして素晴らしい1年になりますように・・・・・

もも・ぱぱ・もものままより

<きょうのもも>
猫のお人形さん抱いて、お昼寝中です
momo10

スポンサーサイト

お正月の準備

我が家のお正月の準備ってそうそうないんですよね~
大掃除は終わったし、飾りつけも終わったし・・・
明日が今年最後の日だけど、けんちん汁作るくらいかな?
これは、我が家のお正月にはかかせないんです。
年越しそばも、これに入れて
おぞうにも、これに入れて・・・な~んて楽チンなんでしょ♪
おせちは、各自の実家で毎年調達。
なので自分で作った事は、1回もないのです。

恒例の我が家のお正月の過ごし方は
除夜の鐘が聞こえたら、前の神社にももを連れて、3人で初詣で行くんだけど、今度はももはやめようかな?
でも、連れて行きたい気もするし・・・ぱぱとよく相談してみましょ。
1日は、ぱぱの実家にご挨拶。
例年はゆっくり過ごすのですが、今年はももを長い間、お留守番は心配なので、
私はご挨拶をすませたら、ぱぱより一足お先に帰宅。
2日は、3人でゆっくり過ごし
3日は私の実家にご挨拶なんだけど、母の仕事の都合でどうなるか?
おせちの調達が出来ない可能性が・・・・そりゃ困る。結構当てにしてるのに~

今年はぱぱが入社以来はじめての、3ヶ日のお休み。
こんな事は、もうないだろうな~
なので有意義に3日間過ごさなきゃね。

<きょうのもも>
おととしのお正月の写真です。おおきなあくび!
momo9

血液検査

今日は、ももの抗がん剤治療前の血液検査へ行ってきました。
この所、キャリーに入れて車に乗せても、みゃ~ともすんともなかなかったのに、
今日はめずらしく入れたとたんに「あぉ~~~~ん」とないてるもも。
でも、キャリー=病院と認識してるからか、恐怖で固まった状態。
年明けはそうそうから、毎週病院じゃかわいそうだけど・・・
がんばってくれ~もも!

血液を採取するのに、顔だけ出てる袋に入れられ、ベスカラーをつけて首の付近から採取。
えらいんだよ~「ぐ~~~~~」って、うなってたけど、暴れもしないで採取させてくれました。
「えらい!えらい!ももはおねえちゃんだね~」って思いっきりほめてあげました。
採血の結果で、抗がん剤治療が出来るかできないかが決まるの。
血小板・白血球の数が少ないとダメなんですって。
獣医さんが、病院はお休みに入っちゃうけど、心配でしょうから結果が出次第メールで送ってくださるって。
猫エイズと白血病の検査は心配なし!
ももはいたって元気!
これでいいお正月迎えられるね♪


<きょうのもも>
私がキャリーに入れると抵抗するけど、自分で入るのは平気
momo8

初雪

今日起きたらびっくり!雪が積もっていたの。
はじめ車が白くなってるから、霜かな~って思ったんだけど、めがねをかけて見てみたら
な~んと雪ではありませんか!
もう何日か早ければ、ホワイトクリスマスになったのにね~
でも、少ししか積もらなかったから、午前中にはすっかり溶けちゃった。
ももと一緒の記念撮影ってトコまではいかなかったな~

またもや延期

今日は抗がん剤の治療前の血液検査の為にももと病院へ行ってきました。
すると先生が「やっぱり開始は年明けにしましょう」って・・・
前回ぱぱと行った時に、年末年始の病院の休みがどうにもひっかかって、
もし何か起きたときに心配だって話をしていたんです。
先生がそんな私たちの姿を見て、ももの状態を見てそうしましょうって言ってくれたみたいなんだけど・・・
もちろん急患は受け付けてくれるけど、常時、人が居るわけではないらしいんです。
先生が、抗がん剤の副作用もそうですけど、初めて打つ抗がん剤はどんな症状がでるか予測も出来ないし、
病院へまた1日置いていかれる事への、ももの精神的ダメージも心配だって・・・
だから~前回の時にも、その話したじゃん!って言いたくなっちゃったけどね。
ももの調子がいいようだし、1週間遅らせても、そんなに違いはないっていうので、年明けにお願いする事にしました。
何だかほっとしちゃった~
やっぱり5日間の休診だと悩みます。
万が一の時、救急専門の病院が町田という所にあるらしいのですが、我が家からじゃ1時間はかかってしまいます。
悪い飼い主だから、ももがいま絶好調で元気な様子を1日も長く見ていたいのも真実なんです。
でも確実に"悪魔は潜んでる訳だし・・・
いやいや今はそんな事、考えるのはや~めよ。
まだまだ、おもちゃでももと遊べるぞ~!
今年のお正月もこの調子でいくと、クリスマス同様、3人で仲良く過ごせそうです。
ももの退院以来、毎回体重を量ってもらってるのですが、毎回少しづつ増えてるんですよ。
退院当時は3キロ。今日は3.20キロでした。
たった20gでも、私にとってはと~~~~っても嬉しい事なんです。

クリスマスイブは・・・

昨日はクリスマスイブでした。
みなさんもそれぞれ楽しいクリスマスを過ごしたんでしょうね。
我が家はというと、何だか久しぶりに遊んで疲れが取れなくって、だら~っとしてたらぱぱからメール
「何か買って帰ろうか?」らっき~♪
「お願いします」と返信。
ぱぱは○島屋の惣菜コーナーで自分の食べたものを買ってきてくれました。
なにやら、ローストビーフやら、サーモンやら買い込んできて「値下げしてたから買ってきちゃった」って
用意周到なぱぱさんは、シャンパンまで用意してくれてて、らくちんなイブを過ごしました。
今日はちゃんとお手製の夕飯にしなくちゃね。
ぱぱサンタさんは、ラルフのかわいいチェックのルームシューズとハンカチをプレゼントしてくれました。
ままサンタは今日プレゼント渡す予定です。
招き猫さんの卓上ライターです。
ももにはちょっとお高めの猫缶。それでディナーしま~す。
みなさんも素敵なクリスマスをお過ごしくださいね。
ももが元気でクリスマスを過ごせたことに感謝!

<今日のもも>
プレゼントくんくん状態のももさん
momo7

忘年会

昨日はぱぱに、ももをお願いして忘年会へ行ってきました。
ホントはどうしようかと迷ったんだけど、ももの抗がん剤投与も伸びて、今はとっても元気だし
ぱぱがずっと家にこもってちゃダメだって。
たまには気晴らしに行っておいでって優しい事、言ってくれちゃったので、お言葉に甘えて出かけてきました。
先月28日にももの手術が決まってからの、はじめての本格的なおでかけ。
1年のしめくくりに、いっぱいお酒飲んで、歌ってはじけてきました。
(はじけすぎちゃったかも?汗)
でも、最近あんまり飲まないようになったから、お酒が弱くなったな~って実感。
歳かも?
ぱぱのおかげで、楽しんでくる事が出来ました。
さ~今日から、またももの専属看護士に帰り咲き!

<今日のもも>
今日はイブなので、記念撮影
momo6

抗がん剤投与伸びました

土曜日に、ぱぱと緊張しながら病院へ行きました。
そしたら、抗がん剤の投与が伸びたのです。
獣医さんから、抗がん剤投与のスケジュールを渡されて、初めの6週間は、毎週打つことになっていました。
ところがこれから年末年始。病院もお休みに入ってしまいます。
抗がん剤は回数をおうごとに、副作用も出やすくなるそうです。
でも手術で、腫瘍を取って1ヶ月近くたって、年明けからの開始だと、ガンが暴れ出してしまってる可能性があるので、
手術から1ヶ月以上たっての、開始では遅いそうなのです。
なので、1回目の抗がん剤の投与は29日からになりました。
みなさんにもご心配かけしまってごめんなさい。
もう少しの間は、このままの元気なももさんで居られるようです。
ぱぱと、思いっきり緊張して行ったのに、何だか気が抜けちゃったねって2人で話してました。
あと1週間は、ちょっとほっとして過ごせそうです。

<今日のもも>
むふっかわいい寝顔♪
momo5

いよいよ、明日から

予定では、明日から抗がん剤の治療がはじまります。
副作用がどう出るか、とっても心配ですが、先生を信じてももと乗り切らなくてはと思っています。
今のももは、身体の中にガンがひそんでいるなんて、全然解らないほど元気です。
もりもり食べて、おもちゃで毎日遊んでいます。
ふと、このままでもいいんじゃないか・・・って頭をよぎる事があるんですが、
先生からもこのまま、何の治療もしなかったら、今の状態で居られるのはわずか・・・って言われているし。
もうあとは、抗がん剤がももにあって、効き目を見せてくれることと、副作用が少なくてすむように、
ただただ祈るだけです。
もも~!ガンなんてふっとばしちゃおうね~!

<今日のもも>
手術前の日、お腹を出して寝ている姿です。今はお腹の毛も少しはえてきましたよ。
momo4

ペット保険

みなさんのなかで、ペット保険に加入されている方はいらっしゃいますか?
うちは、以前ネットで見つけて、検討した時期があったのですが、ももは獣医さんに行くのはワクチンの時のみ。
って感じで、獣医さんとは年に1回の付き合いしかなかったんです。
保険料を払っても、無駄になりそうだからってヤメちゃった。
それで、掛け金を払ってるつもりで、もも定期貯金をしてたんです。
そしたら、ももがこんなことに・・・
保険入っておけばよかった~って、あとの祭り。それが保険なんですよね~
入ってればよかった~
もしもの時に!って。

ももの命はお金では買えません。
獣医さんにも、出来るだけの治療をお願いしています。
今回入院前の検査で約15000円。
入院治療費が、約17万円。
我が家にはなかなか手痛い出費。
でもよかった~すずめの涙ほどでも、ボーナス月で・・・
でも、ももが通ってる病院は良心的で、退院後も何回も行っているのに、その料金は1円も請求されませんでした。
そのうえ、今飲んでるサプリも1ビン、プレゼントしてくれました。
今の院長先生の親の代からの病院なのに、プレハブのようなたたずまい(先生ごめ~ん)
儲け主義なら、とっくにビルが建ってるよね~ってぱぱと話てました。

これから、抗がん剤治療が始まって、打った1週間後に必ず治療の様子を見るために血液検査があるそうです。
そしてサプリ代と・・・
ぱぱに頑張って働いてもらわなければ!私も無駄遣いをやめるように気をつけなくっちゃ。
な~んていいながら、ももの福箱注文しちゃった私。代金1万円也
これって無駄使いだよね?(笑)

<今日のもも>
ぽかぽかなので、お布団も、ももも気持ちよさそうにベランダで日光浴♪
momo3

免疫療法

抗がん剤の治療を始めると、副作用で免疫力の低下や血液障害が出るそうです。
免疫力が低下すると、二次感染や合併症が起きるそうです。
それを軽減するために、免疫療法も平行して行うそうなのです。
その為にももがやってるものをお知らせしますね。
みなさんの所でも、お役にたつ情報があればいいなと思ったので・・・

「アガリーサメ軟骨」
これは、人間でも効果が注目されている、アガリクスです。
アガリクスに含まれる"B-グルカン"というものが、免疫力をあげてくれるそうです。
データでもその効果は認められていて、身体にも害がないそうです。
商品によっては、混ぜ物が多かったり質が悪かったりして、人間でも肝機能障害をおこした例が報告されているので、商品を選ぶ時には注意が必要かも?
そしてサメ軟骨は、ももの場合リンパ節を抗がん剤で覆ってしまう為、良いものも悪いものも、抗がん剤が攻撃してしまうので、リンパ節を強くするためにいいそうです。
「イミューン・サポート・タブ」
これは、全てが自然素材を使用していて、過激な活性酸素は免疫力を低下させてしまうそうなのですが、これでそれを防ぐそうです。
この2つが獣医さんから薦められて、使用しているものです。
「タウリン」
これはお友達のまゆさんが、ももの為に送ってくれました。
獣医さんに聞いたら、人間でも疲れたときなどに飲むドリンク剤にも、タウリン何mg配合とかあるように、いいそうです。
猫がネズミを撮るのは、利にかなっていて、ネズミはタウリンが豊富なんだそうです。
「モーツアルト」
これはもものお兄ちゃんが暮らしている、義妹が教えてくれました。
モーツアルトの音階がいそうなんです。
そう言われてみれば、お酒に聞かせたり豚や牛、にわとりなどに聞かせるとおいしくなるって話を聞いた事があります。
(この場合おいしくなるっていうのは、おかしいか?)
なので、毎日ももに聴かせていますよ~。

こうしてももの免疫治療は、ちゃくちゃくと行われています。
ここで1つ言っておかなくっちゃ。
獣医さんで薦められたものは、すべてサプリなので、医薬品ではありません。
なので効能は一切書いてないって事です。
人間でも動物でも、免疫療法って一緒なんだな~って思いました。
人間にとっていいものは、動物にとってもいいんですね。
みなさんのニャンコやワンコ、うさちゃんも、調子がおかしいな?って思ったら試してみるのもいいかもしれませんね。
そうそう、でも人間用と動物用は違うそうなので、ご注意を・・・

<今日のもも>
キッチンの窓から、お外を眺めてます。
momo2

いや~ほっとした

この3日間、ももがほとんどご飯を食べてくれなくって、とっても心配でした。
ももの場合、リンパにガン細胞がまわってるし、腫瘍は1度取ったりすると、がん細胞が活性化してしまって、
次に再発したときは、タチの悪いものになるって聞いてたし、もうガンが暴れ出して、食欲もないのかな?って
すっごい心配してたの。
いつものかりかりに、別のかりかりを混ぜてみたけど食べてくれない。
大好きなおかかをまぶしてもダメ。
猫缶は油が多いから、まだあげないでって言われてたけど、ダメもとで聞いてみた。
獣医さんに電話をして、猫缶をあげてもいいか聞いてみたら、とにかく食べないと体力がもたないから、
好きな猫缶あげてもいいですよって許しが出ました。
そしてももの大好きなカルカンチルドを見せたら、にゃごにゃご言い出した。
封を開けたら、流しの上まであがってきて、待ちきれずにむしゃむしゃ!
いや~良かった!食べてくれた~!
もものいつも食事は、かりかりに猫缶を混ぜてあげてたから、いつものご飯が食べたかったんだね。
ふやかしかりかりには、あきあきしてたんだね。
良かったよ~食欲があって。
これからも、ばくばく食べてね!
たのむよ~もも~

<すごい勢いで食べてます>
ちなみに、ももの器はままの作品です
momo1

どうにか復帰できました

体調がすぐれなかった私ですが、どうにか回復しました。
またぼちぼちネット復活させていただこうと思っています。
なかなかメッセージにお返事が出来なくてごめんなさい。
それなのに、たくさんのパワーと応援ありがとうございました。
おかげさまで、ももはめっちゃ元気!と報告したい所なんですけど・・・
退院して、抜糸してからとっても元気でご飯も、もりもり食べていたんですが、
この3日ほとんど食欲がありません。
かりかりの種類を変えたり、大好きなおかかをまぶしたりしてるんですが、食べてくれません。
このままの状態じゃ体力が落ちてしまうので、今日1日様子を見て同じだったら、点滴を打ちにまた病院です。
体調に変化のないときの体重は3.85キロでした。手術前は3.4キロ。
でも腫瘍の重さが200~300gだったから、3キロちょっとかな?
ほんとに痩せちゃった・・・
食べて体力つけてほしいのに~
これから先も、こうしていろいろな事を乗り越えていかなくてはいけないんですよね。

<ちょっとやせちゃったけど、がんばってます>
mo10


先週の土曜日に、ももの病院へ行ったのですが、先生がももの病気の事。
これからの治療の事、2時間以上にわたって説明してくださいました。
私も納得して、抗がん剤の治療と免疫治療を行う事を決めました。
ももの場合、再発はまだですが、ガンがリンパにまわっている状態で、抗がん剤の治療をしなければ、2~3ヶ月だそうです。
ガンは1度切ったりして、いじってしまうとがん細胞が活性化してしまって、次に出来た腫瘍はとてもタチの悪いものになるそうです。
再発を防ぐためにも、生活レベルを良い状態で保つ事にも、抗がん剤は必要だそうです。
もちろん必ず副作用はあり、メリット、デメリットともに説明していただきました。
抗がん剤治療は、副作用との戦いだそうです。
その副作用を軽減するためにも、免疫療法が必要になるそうです。
今週の土曜から始まります。
ももに頑張って乗り切ってもらうしかありません。
その手助けになるなら、どんな事でもするつもりです。

<ぱぱのおひざで、幸せちっくなもも>
mo11


ままのおともだちのみなさん。わたしの為に強いぱわ~と応援ありがとう!
わたしには、しっかり届いています。
とってもあったか~く感じでますニャッ \(=^‥^=)/
わたしは、いっぱいいっぱ~い生きたいから、いたい手術も注射もがまんしてます。
おくすりだって、イヤだけど頑張って飲んでます。
だって、わたしが居ないとぱぱもままも悲しむから、いっぱい生きなくっちゃ!
ぱぱもままも、なきむしなんだもん。
ほっておけないでしょ?
わたしはまだまだ、ぱぱやままに、たっくさ~ん、しあわせ運ばなきゃいけないし・・・
こんなことで、負けてられないもん。
だからみなさんも、これからも、わたしにぱわ~をください。
そしたらもっと頑張れそうな気がします。
みなさん!ありがとう!そしてこれからもよろしくおねがいいますにゃん。
                    ももより

<まゆさんから、なんちゃってお魚が届いたの♪>
mo12

抜糸が終わりました

昨日、無事抜糸が終わりました。
ベスカラーともさよならです。
カラーをとって、ももはすっきりしたようで、身体中をなめてました。
首輪を変えるだけで、パニックでちっちもらすような子だったのに、良く我慢したと思います。
これで、もうどこに上っても安心なので、閉め切って入れないようにしていた、お部屋も解禁です。

流動食も終わり、お湯でふやかしたかりかりになりました。
食にはまったく、無頓着だった子が、与える量が少ないらしく、かりかりを隠してある棚の前で、よくないてます。
でも一気に上げることは出来ないので、もう少し我慢してもらわなきゃね。
夜中ごそごそと、かりかりの隠してある棚をほじったりしています(笑)
ちょすも立派なのをしてるし、手術した腸はしっかり機能しているようで、一安心。
以前のももに、すっかり戻りました。
お腹の傷さえなければ、この2週間の事がまるで夢のような気さえします。
獣医さんにも、回復が早くてほめられたんです。

<カラーをして、お腹に包帯のような洋服を着ていた頃がウソのよう・・・>
mo7


今回のももの病名を知って、いろいろと勉強しています。
悪性リンパ腫は猫にとても多い病気のようです。
そして予後もなかなか厳しいという事もわかりました。
腫瘍の出来ていた場所で、ステージが決まるそうなのですが、ももの場合ステージ5まであるうちの、ステージ3だそうです。
リンパは身体中に走っているものなので、これからどこに出てもおかしくないそうです。
ネットを徘徊しているときに、偶然見つけたサイトで掲示板にカキコしたのですが、院長先生がとても丁寧に返答してくださいました。
今の獣医さんにもちろん、信頼はおいていますが、やはり私も病気の事を理解して、治療法など解らない事は質問して、ももに最良の治療をしてほしと思っています。
何の知識もないまま、いわれるがままの方法を取るのは、違うかな?と思ったからです。

<包帯をはずして、少しすっきりお昼寝中>
mo8


これからの治療方法ですが、入院の抗がん剤投与は断りましたが、通院でも抗がん剤の治療は可能だそうです。
消化器系のリンパ肉腫には、抗がん剤が良く反応するそうです。
強い抗がん剤は取り扱いが難しく、ちっちを手で触ることや、もちろん薬も素手で触るのは危険なそうです。
そして副作用も大きいそうです。
ももはだいぶ回復して、体調も良くなってきて、抗がん剤を使う事により、体調を逆に悪くするのは良くないとの事で、弱い抗がん剤の投与をするそうです。
その抗がん剤は注射と錠剤とあるそうなのですが、実際投与が始まる前に、薬の名前を聞くつもりではいますが、今はわかりません。
通院を伴う、抗がん剤の治療は断ったのですが、通院で出来るならとお願いしました。
化学療法に頼るのは・・・と思っていたのですが、癌の進行を食い止めるにも、QOL(生活の質)の向上にも役にたつそうです。
それと平行して、免疫力をあげるためにアガリスクを与える事になりました。
きのこに含まれる、グルテンという物質が良いそうです。
そして2週間ごとに、血液検査をして進行状態を見ていくという治療になりそうです。
でも抗がん剤の治療も、もものQOLが下がってしまうようでは意味がないので、その時点で打ち切りという事になりそうです。
実際に始まってみなくては解らないのですが、とにかく重要な事は、ももがももらしく生活できなければ、何の治療も意味がないものになってしまいます。

ももが普通のももに戻ってくれて、今まで張ってた気持ちが緩んでしまったようで、
私の体調がすぐれません。
でも、ももに比べたらな~んでもないことですよね。
体力が落ちてるのかもしれないので、体調が戻るまで
もうしばらく、ももとゆっくり過ごしたいと思っています。

いつも変わらず、ももや私たちのことを心配して励ましてくれる皆さんに、感謝しています。
このえんがわがなければ、1人落ち込んでいたかもしれませんが、皆さんが応援してくれると思うと、頑張れる私です。
いつもいつも本当にありがとうございます。

<ベスカラーもはずして、気持ちよくお昼寝の今日のももです>
mo9

病理の結果が出ました

みなさんお変わりないですか?師走を迎え忙しくお過ごしの事と思います。
私がお休みしているのに、数々の応援メッセージありがとうございます。
とても心強く感じています。

5日の日にももの診察に行ったら病理の結果が出ていました。
病名は「悪性リンパ腫」最悪の結果でした。ガンでした。
腫瘍が良性であってほしいと願っていましたが、願いは叶いませんでした・・・
余命はもって1年・・・

手術で腫瘍と腸の1部。リンパの1部を取り病理に送っていたのですが、
リンパの組織がだいぶ崩れていて、根治は極めて難しいとの見解でした。
他にも転移してる可能性が大きいそうです。
これが現実とはいえ、最悪の結果です。
今回の手術が無駄だったのか、先生に尋ねました。
手術をしなかったら、どんどん腫瘍は大きくなり寿命はもっと短く、ももも辛い思いをしただろうと言われました。
それに手術をしなかったら、腫瘍の正体が解らないのだから、治療も困難だと・・・

今後の治療の選択を迫られました。
ももを病院へ連れて行った28日から5日までの1週間で大きな決断を2回も迫られるなんて。
1つの方法は、抗がん剤の投与。
それには3日くらいの入院を何サイクルかくリ返すというもの。
もう1つはももになるべく精神的負担をかけないように、通院治療を行うというもの。
私は「通院治療」を選択しました。
今回でさえ、もものストレスがひどくて早期退院となったのに、そんな思いを何度も繰り返すのは、ももにとってとっても苦痛になると思ったからです。
それに抗がん剤の投与しても、余命が伸びるわけではないというのです。
それならば、限られた短い命なら、ももがももらしくなるべく普通に生活させてあげたいと思ったのです。
痛い。辛いなんて思いを短い"にゃん生"で味あわせたくは、なかったのです。
先生には、通院治療で出来るだけのことをしてほしいと伝えました。

この1週間で、ももにとっての命の大きな選択を2度してきた私ですが、正直言って本当にその決断がももにとって良かったのか悪かったのか・・・自信がありません。
全て私のエゴではないのかと・・・
何度も何度も祈りました。
ももの手術が成功しますように。
回復しますように。
ガンでありませんようにと・・・
ももは1度捨てられて、悲しい思いをした子です。そういう子はいっぱいいっぱい幸せになる権利があると思っていました。
それなのに・・・
先生も言っていましたが、余命1年と言っても、もっと早く逝ってしまうコも居る。でもいい意味で裏切ってほしいと。
本当にそう思います。「1年と言われたのに、もう5年も生きてますよ」って・・・
私たち夫婦にとってこれからももに何をしてやれるのか。
辛いのはももだし、ただ見守るしか出来ないのでしょうか?ももは私たちにたくさんの幸せを運んでくれたけど、
私たちはももに何をしてあげられるのでしょうか?
情けなくなってきます。
家猫は15年は生きるといいます。ももはまだ5歳3ヶ月まだ1/3しか生きてません。
でも現実は現実として受け止めなくてはならないと思っています。

術後のももは、とっても元気で流動食をあげてるのですが、ご飯ちょうだいとキッチンでなきます。
たれながし状態だったちっちも、トイレでちゃんと出来るようになりました。
ちょすも昨日出ました。腸がちゃんと働いてる証拠です。だいぶ回復してきましたよ。
文句が多くて困ってますが、ぱぱはもものいいなりです。
甘やかせてしまってあとが大変かな?
みなさんの強烈なパワーをもらって、日に日に元気になっています。
今日からかりかりをふやかしてあげようかな?って思っています。
「もものえんがわ」にももが居なくなっちゃったら、しゃれにならないから
ももには1日も長生きしてもらわないとね!

一時退院しました

昨日(3日)いつものように面会に行ったら、先生が今日一時退院させますとの事。
思いがけず嬉しかった~
2日に退院が早まるとは言っていたけど、まさかもう退院出来るなんて。
その時の話では、ももの神経が限界に近づいてるという事でした。
毛の1本1本までぴりぴりしてるって・・・
本当は白湯から初めて、流動食、通常食になり、腸が動いているかを確認してからの退院になるそうですが、ももはそこまで耐えられないという話でした。
でもその話を聞いた次の日に一時退院出来るなんて!
でも完全な状態で帰って来るわけではないので、細心の注意が必要です。
何かあったらすぐ連絡の取れる体制にしてくれました。
先生は私をなぐさめる為でしょうか、連れてきてくれたのが早かったので、術後も体力があるんですと言ってくれました。
弱ってから連れてくると、術後の回復が遅れるそうです。
さわられるたびに、怒るのは体力のある証拠だと言ってくれました。

今まで何も食べていないので、帰ってきた夕飯から流動食が始まります。
白湯で粉状のものを溶き、注射器の針のないもので3メモリ。それを1日3回。
お水も同量。1日1回の抗生物質の投薬。
そして注意点を聞き、ももを連れて帰る事が出来ました。
夕方、担当の先生が電話をくださったのも、安心できた。
我が家へ戻ってきたももは、キャリーの中からふらふらと出ると、あっちこっちの匂いをかいでまわりました。
カラーがあるのでなかなか動きづらいようだったけど・・・
お気に入りの台の上に乗ろうとしてずっこけ。タンスに乗ろうとして落ち。
私は目の離せない状態でしたが、嬉しかった。
これでゆっくりももが、休めるといいんだけどな。

今日の朝方、ももが布団に入ってきて、一緒に寝ていたら突然パニックを起こし、ちっちをもらしながら、部屋中を暴れまわった。
私はそんなももを抱きしめ、落ち着かせ1時間くらいずっと抱きしめていた。
下ろそうとすると、しがみつく・・・
怖い夢でも見たんだろうか?病院でよっぽど大変だったんだろうか?
ももを抱きながら、いろんな事を考えた。
まんじりとも出来ず朝を向え、おかしいようだったら病院へ電話しようと思ったけど、落ち着いて寝ている。
自宅看護は大変かもしれないけど、目は離せないけど、ももがパニックの時、抱いてあげられる。
そばにいてあげられる。それだけでも私は幸せです。
何も出来ず、ももはどうしてるのか思ってた5日間、その方がよっぽど辛かった。
そばにももが居てくれさえすれば、どんな事でも乗り越えられると思います。
まず1つの目標。一時退院でも退院出来たので、次は腸がちゃんと動いてくれるように祈ります。
明日は病院。何も変化がないといいんだけど・・・
おかしくなったらまた病院へ逆戻りだもん。
みなさん。どうにか一時退院する事ができました。
今までより、更に目が離せない状態でご無沙汰することが多くなると思いますが、
どうかももの事、見守ってやってください。
いつもたくさんの応援メッセージありがとうございます。
今日は退院して、うちでくつろぐももをお届けします。
mo5

mo6

頑張ってます!もも

今日、もものお見舞いへ行ってきました。
昨日、面会に行こうと思ったら先生の説明不足で面会が出来なかったんです・・・
なるべく迷惑がかからないように、すいてる時間を聞き15:00頃ならというので、その時間に行こうと思って電話したら、日曜祭日は午後は休診。
なら昨日そういってくれればよかったのに!
ぱぱはもう次の土曜日まで、仕事なのでももに逢う事はできません。

今日は私の母と一緒に行ってきました。
お部屋にももをつれてきてくれました。私のことを見たももは、何の反応もなし・・・
私の事が解らないのかな?
でも、ももをなでながら話をすると、眠いのか目を閉じてしまいました。
なきもしないけど、じっと私の話を目をつぶって聞いているようでした。
先生が点滴の入ってる手の包帯を取り替えようとしたら「う~~~っ」うなるんです。
・・・って事はさわっても、おこらなかったのは私を解ったからですよね。良かった~

ももは今のところ、熱もないので感染症の心配はまだないようですが、
院長先生に、なにぶん大きな手術だったので、まだ安心は出来ませんと言われてしまいました。
ただいつも、タオルにもぐって、ただじっとしいるそうです。
逆に暴れられると大変ですが、じっとしていてくれるので助かるという事でした。

腫瘍も取れたし、あとは無事回復して帰ってきてほしい。
ももにそのことを、一生懸命話しました。

いつもなら病院へ連れて行くと、私にしがみついて離れない、ももが
テーブルの上で、じっとしてる。
自分の置かれた状態をしっかり受け止めて、頑張ってるようにみえました。
痛いだろうに・・・不安だろうに・・・
でも、ももはじっと絶えている。
そんなももを見ていたら、私がめそめそしていては、いけないって思いました。
ももに教えられた思いがしました。
もも頑張ってます!
みなさんの応援、ぱわ~をいっぱいいただいて!
mo3

mo4



少しでも不幸な動物を減らす為に
迷子動物探し 飼い主募集
獣医師広報板-vets.ne.jp


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。